サイトトップ > サイトマップまで放置

ピロリ菌に効くサプリランキング

ピロリ菌がヒトの生殖能力を低下させる

 

 

ヘリコバクターピロリ菌は慢性胃炎の原因として良く知られている菌です。胃ガンの発生にも繋がると分かっていて、国内では保険診療で除菌治療が広がっているのも事実です。更に消化器系、消化器系以外の病気にも関連があることも明らかになってきています。

 

そして生殖能力にまで関連性があることをこの度イタリアのシエナ大学の研究グループが報告しました。2014年5月の消化器系の国際誌、ワールド・ジャーナル・オブ・ガストロ・エンテロロジー誌にて解説をされています。研究グループはこれまでの報告からピロリ菌の感染と不妊との関わりを検証してきました。

 

ピロリ菌の感染は不妊の人に多く、特に「CagA」と呼ばれる遺伝子の発現のある人で、生殖能力が低くなる事も分かってきています。女性ではピロリ菌に感染していると、ピロリ菌に対抗するタンパク質である抗体を持ち、この抗体が精子と反応するために精子の運動性を低下させて、卵子との融合を妨げているとの見解が出ています。

 

CagA陽性の菌に感染すると、胎児の主な死因となる妊娠高血圧腎症のリスクが高まると言われていて、男性ではピロリ菌に感染していると、精子が損傷されているために、運動性や生存率、正常な形状の精子数が低下してしまうとされています。

 

もちろん国際誌に発表されているとはいえ、全ての人がピロリ菌除菌治療をすれば不妊では無くなるわけではありません。そういう可能性があるという事に過ぎないのですが、不妊治療をしている人は考慮すべき点かもしれません。不妊治療を進めるにあたって、色々気を付けなければならない事は出てくると思われますが、ピロリ菌の感染にも気を配ると良いのかもしれません。

 

ピロリ菌に効く漢方

 

現在ピロリ菌を完全に除去するためには、西洋医学よる抗生物質の投与が基本とされています。ですが抗生物質による殺菌作用はピロリ菌に対して選択的に行われるわけではなく、他の体内に在来的にいる菌にも影響を及ぼすという事になります。ですから原理的には副作用は避けられないものがあり、事実副作用の報告も多いようです。

 

ピロリ菌によって胃潰瘍などの症状の重い合併症が出ているなら抗生物質の使用をしてでも一掃してしまいたい所ですが、そうでない場合は安全でかつ食事療法より即効性が期待できる漢方を用いてみるのはいかがでしょうか。

 

漢方は安全な代わりに強力な殺菌作用などはありません。漢方の基本的な考え方として、たとえ効果があっても重い副作用を伴うなら、それは薬とは言えないというのが原則だからです。

 

ですから対症療法的な薬が多いのですが、その中でもピロリ菌の直接的な抑制や排除効果が得られる数少ない漢方として恵命我神散があります。恵命我神散は第2類医薬品にもしていされている漢方で、その効果は確かです。

 

胃の粘膜修復に役立つガジュツと消化器全体の粘膜保護に役立つ真昆布が用いられているため、胃のトラブルには広く適用となる便利な漢方薬ですが、特にガジュツにはピロリ菌に直接作用をもたらすことが分かり、ピロリ菌による胃炎を改善、治療しながらピロリ菌の退治まで行うという、ピロリ菌感染者に非常に有用な漢方薬です。

 

漢方薬の中でもメジャーなものであり取扱店も多く、大手サイトでも手軽に購入できますから、1度試してみると良いでしょう。マヌカハニーのピロリ菌除菌の効果は海外の研究によって証明されています。マヌカハニーに含まれている特有成分メチルグリオキサールが強力な殺菌作用を持っていて、ピロリ菌の撃退に効果を発揮します。

 

またピロリ菌以外に大腸菌や黄色ブドウ球菌などの殺菌にも効果的といわれています。食事療法よりは即効性はあり、安全ではあ漢方薬ですが、人によっては体に合わない人もいます。安全なものから出来ているとはいっても、薬であることには変わりないことを念頭において試してみる事から始めましょう。

 

サプリも調べる→ピロリ菌除去サプリランキング!

 

 

ピロリ菌検査キットについて

 

ピロリ菌の検査キットというのがあるのを皆さんはご存知でしょうか。健康バスケットというサイトで売られている「ピロリ菌検査キット」は、胃ガンの重要な原因であるヘリコバクター・ピロリ菌の有無を調べるための検査キットです。中に付属されている器具を使用して、尿を採取して送付する形になっています。

 

胃には食べ物を溶かすための胃酸が分泌されていますが、通常の細菌は生き延びる事が出来ません。ですがピロリ菌は胃酸から身を守る術を持っている珍しい菌なのです。飲み水や感染者からの口移しなどによって胃の中に入り、胃ガンに繋がる慢性的な炎症(慢性萎縮性胃炎)を引き起こします。

 

胃ガンを発症する人のうち、9割以上がピロリ菌保菌者である事が分かっていますので、予防のためにも一生に一度は検査を受けることが大切になってきます。

 

ピロリ菌検査には様々な方法がありますが、郵送検診では尿検査が行われます。ピロリ菌を保菌していると抗体が尿に出てくるため、それを調べることで感染の可能性が分かるという具合です。健康バスケットの検査キットには紙コップを使用せずに簡単に尿を採取する器具が入っていて、

 

説明書きにしたがって朝1番の尿を採取して送付します。検査結果に陽性反応が出た場合は保険が適用され、除菌治療を受けることが来ますから、近くの病院を受診するようにしましょう。この健康バスケットのピロリ菌検査キットは、特に以下のような人にお勧めしたいと思います。

 

○ピロリ菌検査を受けたことが無い50代以上の人
日本は上下水道の整備が遅かったこともあって、先進国の中ではピロリ菌の保菌率が非常に高い国です。特に50代以上の人は井戸水の飲用や親からの口移しなどによって、幼少期のうちに感染している可能性が高いため検査が必要です。

 

○アウトドアや海外旅行先などで生水を飲んだ事のある人
きちんと検査を受けていない井戸水や不衛生な生水を飲んだ事のある人は、年齢に関わらずピロリ菌を保菌している可能性があります。念のために検査を受ける必要があると思われます。

 

○慢性的な胃の不調に悩まされている人
ピロリ菌は胃ガンだけではなく、胃潰瘍や十二指腸潰瘍など様々な病気と関係しています。胃の調子が悪い人はまず検査を受けてみることをお勧めします。